> > > > 【世界ひとり飯27】ベトナム・フエの夜歩きで甘いもの&禁断のヌードル!?

【世界ひとり飯27】ベトナム・フエの夜歩きで甘いもの&禁断のヌードル!?

Posted by: 石黒アツシ
掲載日: Aug 30th, 2020.

ベトナムって暑い国と思ってしまいがちですけど、実は南北に長いので、北にあるハノイ周辺は温帯、南のホーチミンは熱帯。ハノイでは冬にはダウンジャケットを着る人もいますが、ホーチミンは年中夏でTシャツです。そして、ベトナム中部のフエですが、こちらはちょうど中間くらいでしょうか。2月は過ごしやすい初夏のような季節でした。世界50カ国以上を一人旅した筆者が、世界で出会い心に残った料理をご紹介。今回はそのフエで、晩ごはんを食べた後にぶらぶらと歩いて見つけた「チェー」というスイーツと、「〆のラーメン」ならぬ「〆のブン」、それもフエならではのものをご紹介!

Facebook はてなブックマーク LINEで送る コメント

チェー


一人旅の夜歩きは大丈夫なのだろうか!?

チェーヘン

一人旅で困るのは、中華料理のような大皿料理を食べるときや、荷物を置いてトイレに行くときなどですが、日が暮れてから散歩に出るのもちょっと気を付けないといけませんよね。ベトナムのフエは、夕ご飯から10時くらいまでは女の子も一人やグループで歩いているし、お店も開いているので安心。日中よりも人出が多いのは、暖かい国だからだと思います。

食事を終えてから、地図で見つけたベトナムのスイーツ「チェー」のお店「Chè Hẻm(チェーヘム)」を目指してぶらぶらと。近くまで行ってみたら赤い文字で看板が出ていましたが、なんだかかなり細い路地。「危険な香りはしないかな」とちょっと注意して雰囲気を確認してみましたが、女の子同士で立ち話していたり、子どもの声が聞こえてきたり。大丈夫です。

オープンエアのチェー専門店

チェーヘム

30mくらい入ると右手に、小さなテーブルと小さな椅子が並んでますが、すっかりここはオープンエア。人のうちの軒先といった雰囲気です。

チェーヘム

しっかり奥まで見てみれば、たくさんの人たちが小さな椅子に座って、小さなテーブルに肩を寄せ合ってチェーを楽しんでます。これは、食べなければ!

チェーヘム

ベトナム語ができなくっても大丈夫。奥のカウンターにチェーの具が並んでいるので、指差しでオーダーできます。

チェーは、軟らかく煮た豆、タピオカ、果物とシロップにコンデンスミルクを入れた上の写真のようなグラスに、かき氷を入れながら楽しむベトナムならではの清涼系、そしてヘルシー系のスイーツです。

チェー

濃い茶色の金時豆と白い花豆とえんどう豆かな、それに白玉とタピオカ入りのチェーを指さして、しっかりオーダー完了。豆の優しい甘さとその香り、そこにすっきりとしたシロップ。コンデンスミルクが氷を溶かして、おいしい!それに、グラスの中のあっちこっちを食べて違った味を楽しんで、最後には全体を一体化させます。

それにしても、このサイズがいい!多すぎて、焦って食べるということもないし、身体が冷えすぎることもないし。これで1万ドン(約50円)しません(どれでも同じ値段でした)。

言葉はわかりませんが、みんな静かに楽しんでて、こういうのイイなぁと思うのでした。

もっと食べたい!カラフルなチェーが気になった

チェー

次の日もまた、チェーヘムに出かけてしまいました。なぜなら一日目にとってもおいしそうなカラフルなフルーツのチェーを見てしまったから。どうしても食べたい。

すいかにパパイヤ、ドラゴンフルーツなんかも入ってて色どりがいい。昨日はほっこりお豆系でしたが、今日はスカッとさわやかにフルーツで。

ほかにもいろいろあるので、昼間にも来ればよかったなと思うのでした。

Chè Hẻm
住所:1 kiệt, 29 Hùng Vương, Phú Hội, Thành phố Huế, Thừa Thiên Huế, ベトナム
営業時間:10:00~22:00(無休)

〆のブン・ボー・フエはやっぱり禁断の味かも

フエ

週末ということもあってか、フエで一番の夜の街「Phố đi bộ Huế – Hue Night Walking Street」は若者で盛り上がってました。

おなかもいっぱいだし、賑やかな雰囲気を楽しみながら歩きます。確かに、おなかはいっぱいだったはずなのですが、歩き回っていると1軒の気になる屋台が歩道に出ていました。

ブンボーフエ

「ブン・ボー・フエ」のお店です。ブンは断面が丸くちょっとプリッとした食感のコメの麺。ボーは牛肉で、フエはこの街の名前。そうです、フエは海に近いので、海鮮出汁でコクのあるスープがおいしい牛肉のボーが名物の一つなんです。これは、食べないと。

スープはオレンジ色(エビ色)。そこに牛肉をのせて、ねぎ、パクチー、ディルをトッピング。別皿のもやしやレタスは、途中で入れていきます。

いやぁ、この出汁感は最高でした。麺がちゅるちゅるっと気持ちよくおなかに入っていきます。油分が少ないので、かなりすっきり。食べてもまったく胃にもたれるということもなさそうで、夜中に食べたのに、翌朝に影響は全くないのでした。3万5,000ドン(約160円)。大満足で、ごちそうさまでした。

場所は下の地図の幼稚園の表の歩道です。

でも夜の散歩は気を付けて!

いくら安全・安心な街といっても、いろんな人がいます。身の回りには気を付けて、暗い通りや怪しい通りには近づかないようにしましょうね。

さて、週末のフエの盛り上がりの動画はこちらです。

[All photos by Atsushi Ishiguro]

石黒アツシ

Atsushi Ishiguro ライター&フォトグラファー
旅するフードフォトグラファーです。そして、食生活について考えて、レシピを開発して料理もします。「おいしいものをおいしく伝えたい」をテーマに、世界のおいしいものを食べ歩き、写真におさめて、日本で再現し、みなさんと一緒に食べたいというのが、私のビジョンです。


,, | グルメ,アジア,ベトナム,グルメ,現地ルポ/ブログ


ベトナムのグルメ関連リンク

カー・チャー カー・チャー

フォー フォー
チェー チェー
フエの王宮 フエの王宮
バインベオチェン バインベオチェン

バインミー バインミー


1 2 3 4 5 NEXT

#グルメ #スイーツ #海外旅行



グルメ アジア ベトナム グルメ 現地ルポ/ブログ