> > 不思議すぎる巨大仏像が集まった「ラオス」の公園

,,, | 観光

不思議すぎる巨大仏像が集まった「ラオス」の公園

Nov 25th, 2013

ラオスのビエンチャンには、「ワット・シェンクワン(別名ブッダパーク)」という不思議な雰囲気をかもしだす公園があります。

不思議すぎる巨大仏像が集まった、「ラオス」の公園

ルアンプー・ブンルア・スリーラットという僧が自身の思想を具現化したという像の数々は、よくわからないけれど、なんだか普通じゃないぞ、という心のざわめきを誘います。

いろんなものがちょっとずつへんなんです


不思議すぎる巨大仏像が集まった、「ラオス」の公園
公園中央にある像。手に乗っているのは人間の煩悩だそうです。

不思議すぎる巨大仏像が集まった、「ラオス」の公園
すごい形相でなにかくわえていらっしゃいます。下半身の反り具合もかなりのもの。

不思議すぎる巨大仏像が集まった、「ラオス」の公園
入るのが多いにためらわれる入り口。

薄暗い中には、1階が地獄、2階が人間界、3階が天界を表現した怪しい像の数々が鎮座しています。とても濃厚です。屋上からは、公園全体が見渡せます。

他にも、妙に薄っぺらく長い(抽象的な意味ではなく物理的に)仏像、足をひっぱられもがれそうになっているバッタなど、わけのわからないものがいっぱいあります。壮観というか、混沌? なんでもありすぎて爽快ささえ感じます。

ルアンプー・ブンルア・スリーラットはその後、タイのノーンカーイでもさらに規模を大きくした第二のブッダパーク、「ワット・ケーク」を作ったそうです。そちらもちょっと、気になりますね。


[All Photos by shutterstock.com]

山口彩

,,, | 観光


気になる国の記事を検索!