> > > ロンリープラネット発表、2017年に行くべき世界都市ランキングトップ10

,,,,,,,,,,,, | アメリカ,ヨーロッパ,ランキング,ロシア,北アメリカ

ロンリープラネット発表、2017年に行くべき世界都市ランキングトップ10

Jan 16th, 2017

2017年、あなたはどこへ旅に行きたいですか?

旅人のバイブル的ガイドブック「ロンリープラネット」発表の2017年に行くべき世界の都市ランキングをご紹介します!

10位 ポートランド(アメリカ)


ロンリープラネット発表、2017年に行くべき世界の都市トップ10
アメリカ北西部、オレゴン州の街。環境意識の高さや自由な風土、周辺に広がる豊かな自然環境などが人気を集め、近年では常にアメリカで最も住みたい都市の上位にランクインしています。

全米バリスタ・コンペティションで優勝したコーヒーや、素材にこだわった地域密着型のグルメなど、トレンドの発信地として、全米のみならず世界から熱い視線を浴びています。2017年8月21日には、特別な天体ショー、皆既日食がポートランド近郊で見られます。ウィラメットバレーかマウントフッドまで足を延ばして、太陽と月と地球が一直線に並んだときにだけ起こる、神秘的な光景の目撃者になりましょう。

現地ルポは【連載】47か国制覇の旅マニアが教える海外一人旅「 自由人に心地いいポートランド」をどうぞ。

9位 モスクワ(ロシア)


ロンリープラネット発表、2017年に行くべき世界の都市トップ10
ロシアの首都モスクワは、2017年のFIFAコンフェデレーションズカップと2018年のワールドカップの開催都市。ジュコフスキー空港(旧ラーメンスコエ空港)のオープンや、メトロの新規路線の誕生により、今まで以上に旅行しやすくなりました。

広大な敷地に帝政時代の宮殿や聖堂などが並ぶクレメリンと、激動の歴史の目撃者となってきた赤の広場は世界遺産。赤の広場に建つ聖ワシリイ大聖堂は、タマネギ型のドームとポップな色使いが印象的なモスクワのシンボル的存在です。

ロシアならではの、壮大かつ不思議な吸引力をもつ建築物の数々を堪能してください。

8位 リスボン(ポルトガル)


ロンリープラネット発表、2017年に行くべき世界の都市トップ10
ユーラシア大陸最西端に位置するポルトガルの首都、リスボン。「7つの丘の街」と呼ばれるほど起伏の多い街に、オレンジ屋根の建物が連なる風景は情緒たっぷり。

ポルトガルが黄金時代を迎えた大航海時代、リスボンの街も栄華を極めました。世界遺産のジェロニモス修道院とベレンの塔をはじめとする壮麗な建築物が、かつての華やかな歴史を今に伝えています。リスボンで最も古い街並みを残すアルファマ地区は、細く入り組んだ路地など、イスラム支配時代の面影をとどめるエリア。タイムスリップしたかのような雰囲気のなかで、ノスタルジック散歩が楽しめます。

物価の高いヨーロッパにあって、比較的物価の安いポルトガルは、お得に旅ができるのも嬉しいところ。哀愁漂う坂の街、リスボンの多彩な魅力を発見してみましょう。情緒あふれる「7つの丘の街」を堪能!リスボンでしたい10のことも要チェック!

(次のページに続く)

赤松春奈

,,,,,,,,,,,, | アメリカ,ヨーロッパ,ランキング,ロシア,北アメリカ


気になる国の記事を検索!