> > > どこを切り取っても絵になるアムステルダム、運河クルーズ現地ルポ/オランダ

,, | オランダ,ヨーロッパ,現地レポート,観光

どこを切り取っても絵になるアムステルダム、運河クルーズ現地ルポ/オランダ

Oct 23rd, 2017

どこを切り取っても絵になるアムステルダム、運河クルーズを現地レポ/オランダ (C)sweetsholic

どこを切り取っても絵になるアムステルダム、運河クルーズを現地レポ/オランダ (C)sweetsholic

かわいらしい街並みに心ときめく、オランダの首都アムステルダム。どこを切り取っても絵になる、とても美しい都市です。トラムや徒歩でめぐるのもいいけれど、市内を流れる世界遺産の運河を船でめぐるクルージングも、外せないアトラクションのひとつです。

今回はアムステルダムに本社のあるブッキング・ドットコムのプライベートクルーズに乗船、その様子を現地レポートします。

400年の歴史を伝える運河のマメ知識

どこを切り取っても絵になるアムステルダム、運河クルーズを現地レポ/オランダ (C)sweetsholic

クルーズの様子をお伝えする前に、当地の運河の歴史について、少し勉強しておきましょう。

17世紀はじめのことです。オランダでは、世界初の株式会社とされるオランダ東インド会社(VOC)に続き、こちらも世界初となる証券取引所を設立。アムステルダムはこのとき、海洋貿易と金融業で大成功を収めます。

運河を取り入れた400年の歴史を誇る環状運河(カナル・リング)エリアは、当時としては世界最大級の都市計画として開発されました。主に17〜18世紀にかけて建てられた運河沿いの建物の多くは、記念建造物として当時の面影を今に伝えています。

世界一効率の良い水路システムを誇る街として、当時の世界の湾岸都市のモデルとなったアムステルダム。そんな黄金時代を象徴するアムステルダムの運河は、2010年に「アムステルダムのシンゲル運河の内側にある17世紀の環状運河地域」として、ユネスコの世界文化遺産に登録されています。

どこを切り取っても絵になるアムステルダム、運河クルーズを現地レポ/オランダ (C)sweetsholic

それでは早速、プリンセングラハト運河沿いに停泊中のボートへ。クルージングを楽しむことにしましょう。

sweetsholic

,, | オランダ,ヨーロッパ,現地レポート,観光


気になる国の記事を検索!