> > 信号は青じゃなくて緑?日本と海外の色彩感覚の違い。

,,,,,,,,, | 観光,豆知識

信号は青じゃなくて緑?日本と海外の色彩感覚の違い。

Oct 19th, 2015

信号は青じゃなくて緑?日本と海外の色彩感覚の違い。

突然ですが、みなさんは信号の色を何色と表現しますか? 恐らくほとんどの方が「赤・青・黄」の3色ではないでしょうか。でもこれって、日本だけの常識って知っていましたか?

青信号ではなく、緑信号!?

信号は青じゃなくて緑?日本と海外の色彩感覚の違い。

日本では子どもの時から「信号が青になってから渡りましょう」と、両親からも先生からもずっと言われて育ちますよね。でも実はこの信号の「青」という表現、英語では「緑」と表現し、海外の多くの国でも「緑」と表現する国が大多数を占めているんです。

日本では「緑」ではなく「青」と表現するんだよ、ということを外国人に伝えると、「日本人にはあれが青に見えているの!?」と驚かれることがよくありますが、実際に私たちが見えている色に違いはありません。海外の信号に比べて日本の信号の「青」は少し青みがかっているのは確か。だけどそう言われてよくよく見てみると、そういえばどちらかと言えば緑だな、という気がしてきませんか?

「緑」を「青」と表現する日本


ではなぜ日本では「青信号」と呼ぶのでしょうか。

実は日本には元々、緑という色の表現がなかったそうです。そのため信号機に限らず、緑色のものを「青」と表現することが昔からの習慣になっています。

信号は青じゃなくて緑?日本と海外の色彩感覚の違い。

例えば「青リンゴ」も英語では「Green apple」、緑ですね。「青虫」だってどう見ても緑! ことわざの「隣の芝生は青い」という表現だって、よくよく考えてみれば芝生は緑色ですよね。英語でも「The grass is always greener on the other side of the fence.」というように訳すことができます。やっぱり緑!

実際の色が緑だと分かっていても、私たちにとってはそれを「青」と表現することに違和感はありませんよね。見えている色が同じでも、言葉で表現する時には色が変わっている。海外で信号がBlueに変わったよ! と言っても伝わりませんので、ご注意を!

[All Photo by shutterstock.com]

Maki

,,,,,,,,, | 観光,豆知識


気になる国の記事を検索!