> > > 【タイ】プラネタリウムみたいな寺院。可愛すぎる「WatPaknam(ワットパクナム)」/現地特派員レポート

,,,,, | アジア,タイ,現地レポート,観光

【タイ】プラネタリウムみたいな寺院。可愛すぎる「WatPaknam(ワットパクナム)」/現地特派員レポート

Nov 15th, 2016

【TABIZINE 現地特派員による寄稿】

川の向こう側へ。ノスタルジックなトンブリー地区

【タイ】プラネタリウムみたいな寺院。可愛すぎる「WatPaknam(ワットパクナム)」
バンコクの定番の観光ルートを外れてチャオプラヤー川を渡ってみると、そこはかつてトンブリー王朝の王都があった“トンブリー地区“です。
近代化されていないこの地区は、運河で人々が行き交う光景が見られ、古き良き時代のバンコクの面影が残ります。また、観光客も少なくのんびりとしています。

そんなノスタルジーを感じる場所に、まるでプラネタリウムのような寺院があります。
その名も「ワットパクナム大仏塔」。


正式名称:プラハマー チェディマハー ラッチャモンコン ワットパクナム パシーチャローン
拝観時間8:00~18:00

見所はそびえ立つ白亜の棟

【タイ】プラネタリウムみたいな寺院。可愛すぎる「WatPaknam(ワットパクナム)」
敷地内に立つ大きな白い塔、これがワットパクナム大仏塔です。この塔は国王様と王妃様の72歳の誕生祝いとして建設されました。仏歴2555年(西暦2012年)に8年の歳月をかけて完成し、仏教徒の信仰を集める象徴的な場所となりました。

四角形の仏塔に、バンコクとラーンナーの美術様式を持つ9段の基壇、覆鉢部の上にはチェンマイのワットロークモーリー仏塔の建築様式で作った塔堂がのせられていて、まさにタイの巧妙な建築芸術を誇る建物となっています(パンフレット参照)。基壇の1辺の幅52メートル、高さ80メートルにも及ぶこの塔の先端には、100キロの金で作った宝珠がそびえています。芸術的な外観もさることながら、内部もとても豪華です!

金色に輝く展示品&かわいい装飾品

【タイ】プラネタリウムみたいな寺院。可愛すぎる「WatPaknam(ワットパクナム)」
建物は全部で5階建て。
1階 タイ芸術、文化遺産展示
2階 集会所。お坊さんの卒業式などの儀式行事や、会議、瞑想が行われる場所です。
3階 博物館
4階 ルアンポーソッド師の金製仏像があります(この寺院は前僧生のルアンポーソッド師と仏法僧への帰依を表す場所でもあります)。

これらの眩しい展示物を見ながら、階段で塔の最上階を目指します。

【タイ】プラネタリウムみたいな寺院。可愛すぎる「WatPaknam(ワットパクナム)」 柱や壁紙などにも注目してみてください。かわいい装飾品の数々に、細部まで目が離せません! 最上階にはどんな素敵なものがあるのでしょうか??「プラネタリウムみたい」って??? ワクワクしながら最上階まで上ります!!!


Ayumi

,,,,, | アジア,タイ,現地レポート,観光


気になる国の記事を検索!