> > 知らないと損をする英会話術42: 一瞬でネイティブになれる“In”の使い方

知らないと損をする英会話術42: 一瞬でネイティブになれる“In”の使い方

Posted by: フレッチャー愛
掲載日: Oct 4th, 2020.

場所や時間を表すだけでなく、使いこなせるととっても便利な表現が“In”にはあります!「邪魔」「念のため」「間に合う」って何て言う?ネイティブが使う“In”の定番フレーズを紹介します。

Facebook はてなブックマーク LINEで送る コメント


“In”の基本イメージ「○○の中に」

In”, “On”, “At”など前置詞って使いこなすのが難しいと思っていませんか?ネイティブに近づくためには、まずは基本のイメージを抑えることが重要です。今回ご紹介するのは“In”!まずは“In”の基本イメージ「○○の中にある、含まれている」からマスターしましょう。

例)The keys are in the box.
鍵は箱の中にあります。

「中にある」という場所を示す以外にも、広い意味で「含まれている、範囲の中にある」というように使われることも多くあります。

時間や時期を表す“In”

例)I like walking along the coast in summer.
(夏に、海岸線を散策をするのが好き。)

状態にあることを表す“In”

例)She had her hair cut yesterday. She is in love with her new look.
(彼女、昨日髪を切ってもらったんだけど、新しい髪形がとっても気にいってる。)

方法や手段を表す“In”

例)It was a hard work, because the menu was written all in French.
(メニューが全部フランス語で書かれてたから、大変だったよ。)

“In the way” 邪魔

ものや人が場所をふさいでいて邪魔というときには、“In the way”というフレーズがとっても便利。

例)Can you move a little bit? You are in the way, I can’t see the TV.
(ちょっとどいてくれない?あなたが邪魔で、テレビが見えないんだけど。)

スーツケースなどの荷物が通り道をふさいでいるとき、何かが視界を遮っているときなど“In the way”という簡単なフレーズですっきり「邪魔」であることが伝えられます。逆に自分の荷物やご自身が邪魔だったらどうしよう?というときにも

例)Am I in the way?
(邪魔ですか?=ここにいても大丈夫ですか?)

という風に質問すると周囲の人に失礼もなく気持ちよく過ごせます。

“In time” 間に合う


(C) af8images/ Shutterstock.com

In time”は「時間内に、間に合う」というような意味で使われます。

例)I did it just in time.
(ぎりぎり間に合ったよ。)

似た表現に“On”を使った“On time”があります。

例)The train to Kyoto left on time.
(京都行の電車は時刻通り発車しました。)

In time”では「時間よりも早く」であるのに対して、“On time”は「時間通りに」というニュアンスの違いがあります。

“I’m in!”その話乗った!

「いいね!(一緒に)やろう!」と賛成、もしくは何かを一緒にすることに同意するときに“I’m in”というフレーズを使います。

例)Who wants a pizza delivery tonight? (今晩、ピザの宅配したい人?)
I’m in!(いいね!そうしよう!)

念のため“Just in case”

Just in case”で「念のため、万が一に備えて」という決まり文句があります。これは本当によく聞くフレーズで、本来は“Just in case of…”「ちょっと○○の場合のことを想定して」というものが省略されたものですが、“Just in case”でほぼ一語として文章の最初か最後に付け足す場合が非常に多いフレーズです。

例)Shall we take the umbrella just in case?
(念のため、傘もっていこうか?)
Could you please check if there is any room available on that day just in case?
(その日に空室があるか一応チェックしてもらえませんか?)

“In”が入った便利フレーズでナチュラルな英会話を目指す!

場所、時間、手段などを表す際に欠かせない前置詞の“In”。前置詞としてだけでなく“In the way”(邪魔)、“In time”(間に合う)、“Just in case”(念のため)など誰でも自信を持って使える単語を組み合わせるだけで、日常生活で便利な決まり文句になるものがいくつもあります。これらのフレーズをマスターすれば、「主語+動詞」だけの短い文章から自然なネイティブに近い会話へとレベルアップできるはずです!

[All Photos by Shutterstock.com]

フレッチャー愛

aimatsuno
20代のころからイギリス在住。本職は、科学者&フットボールに夢中な男の子の母親として奮闘中。ヨーロッパ各地のマーケット(蚤の市)散策、ワイン、見晴らしのよい絶景スポット、特に海が大好き。 世界のどこにいても、毎日を気楽に楽しめるヒントを共有していきたいです!


| 豆知識


豆知識関連リンク

広島県福山市仙酔島 広島県福山市仙酔島

白桃みくじ 白桃みくじ

アメリカ国旗 アメリカ国旗
ローソク島 写真提供:隠岐の島町役場 ローソク島 写真提供:隠岐の島町役場
ネパール・カトマンズ ネパール・カトマンズ
大神山神社 奥宮2 大神山神社 奥宮2


1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 NEXT

#英会話



豆知識