> > > > アウトドアの常識が変わる!?ロマンティックな空中テント

,,,,,,, | 豆知識,イギリス,グッズ,トレンド,ヨーロッパ

アウトドアの常識が変わる!?ロマンティックな空中テント

ライター: FUTA
更新日: Jun 15th, 2017

これから夏に向けて、ますますアウトドアが楽しみな季節になってきましたね。

アウトドアと言えばキャンプでテントを張ってのんびりするのも楽しみの一つだと思いますが、実はそんなテントのスタイルが、今、さらに新しい形へと進化しているのです。

エアテント「テントサイル」

これまでのアウトドアの常識が変わる?空中で過ごすテントスタイル
(C)facebook/テントサイル ジャパン

エアテント「テントサイル」は今までの平らな地面にテントを張るタイプから一転、「空中に設置する」タイプです。

ハンモックとテントの安定度を融合させたポータブルなツリーハウスとして開発され、地面の状態を気にする必要がありませんので、張り付ける木さえあればどこでも設置可能な点が大きな魅力の一つとなっています。

森の中や池、川、海岸、谷の間など、どんな場所にしようか考えると、なんだかワクワクしてきますね!

これまでのアウトドアの常識が変わる?空中で過ごすテントスタイル
(C)facebook/テントサイル ジャパン

これまでのアウトドアの常識が変わる?空中で過ごすテントスタイル
(C)facebook/テントサイル ジャパン

これまでのアウトドアの常識が変わる?空中で過ごすテントスタイル
(C)facebook/テントサイル ジャパン

これまでのアウトドアの常識が変わる?空中で過ごすテントスタイル
(C)facebook/テントサイル ジャパン

これまでのアウトドアの常識が変わる?空中で過ごすテントスタイル
(C)facebook/テントサイル ジャパン

これまでのアウトドアの常識が変わる?空中で過ごすテントスタイル
(C)facebook/テントサイル ジャパン

ロンドンから始まったこの「テントサイル」は日本でももちろん発売中。テントサイルのサイズは大人2名が入るタイプと3名が入るタイプがあり、最大積載重量は400kgとかなりの重さに耐えることができます。また防水加工もしており、色は10色と迷彩色から選ぶことができます。

少人数のキャンプでも良いですし、複数用意していけば大人数のキャンプでも使用できますので、カップルで過ごすロンマチックな時間から友達とワイワイ過ごす時間まで、普段とは違った旅のスタイルがきっと私たちを盛り上げてくれること間違いなしです。

これまでのアウトドアの常識が変わる?空中で過ごすテントスタイル
(C)facebook/テントサイル ジャパン

これまでのアウトドアの常識が変わる?空中で過ごすテントスタイル
(C)facebook/テントサイル ジャパン

これまでのアウトドアの常識が変わる?空中で過ごすテントスタイル
(C)facebook/テントサイル ジャパン

これまでのアウトドアの常識が変わる?空中で過ごすテントスタイル
(C)facebook/テントサイル ジャパン

いかがでしたでしょうか。エアテント「テントサイル」は今までのテントの常識とは異なる新しいアウトドアの形を提案してくれています。

このテントがあれば、いつもの旅路でも今までとは違う発見を与えてくれるかもしれませんね。

FUTA

FUTA ライター
IT会社を経てフリーへ転身。趣味は旅と音楽と読書。人が生み出すクリエイティビティが好き。世界の歴史や文化を学びつつ、現在の様々なトレンドをウォッチしています。いつでも旅心を忘れないのがモットー。密かに世界一美味しいコーヒーを探してます。

,,,,,,, | イギリス,グッズ,トレンド,ヨーロッパ,豆知識,豆知識