TABIZINE > 中部 > 石川県 > 現地ルポ/ブログ > いながきの駄菓子屋探訪81:身欠きにしんも売っている小松市「カトレヤ」

いながきの駄菓子屋探訪81:身欠きにしんも売っている小松市「カトレヤ」

Posted by: 駄菓子屋いながき 宮永篤史
掲載日: Mar 5th, 2022.

全国約400軒の駄菓子屋を旅した「駄菓子屋いながき」店主・宮永篤史が、「昔ながらの駄菓子屋を未来に残したい」という思いで、これまで息子とともに訪れた駄菓子屋を紹介します。今回は、駄菓子だけでなく、地元で欠かせない食材「身欠きにしん」も扱っている石川県小松市の「カトレヤ」です。

Facebook はてなブックマーク LINEで送る コメント

いながきの駄菓子屋探訪81石川県小松市カトレヤ1


看板のない昔ながらの商店

いながきの駄菓子屋探訪81石川県小松市カトレヤ2
石川県南部の街、小松市にある潟湖「木場潟」。加賀三湖の中で唯一干拓されなかったというこの場所は、自然を残しつつ、周囲は公園として整備されていました。そんな木場潟の東側に位置する公園「中央園地」の近くで、看板のない昔ながらの商店を発見。迷うことなく立ち寄ってみることにしました。

いながきの駄菓子屋探訪81石川県小松市カトレヤ3
中央園地からJR粟津駅方面へ向かうと通り掛かる、木場町地区の住宅街。東西に走る道路が南へ向かってカーブする場所で、自動販売機が目印になっています。一見すると農家の納屋のようにも見える、平屋の建物。下見板張りの外壁や木製の窓枠に、開業からの長い月日が垣間見えました。

駄菓子のほかに生鮮食品や身欠きにしんまで!

いながきの駄菓子屋探訪81石川県小松市カトレヤ4
長方形の店内は通路がコの字になっていて、奥で住居と直結。手作り感のある棚には生活雑貨や食品がずらりと並び、駄菓子も豊富に置かれていました。大きな冷蔵庫には生鮮食品や飲み物。アイスケースにはたくさんのアイスが詰められ、全体を見渡すと、スーパーマーケットを凝縮したような印象の品揃えです。
いながきの駄菓子屋探訪81石川県小松市カトレヤ5
中央の棚は手前側が下がるように傾斜がついていて、見やすく、手に取りやすい設計。作り手のこだわりが感じられます。そんな店内で特に気になったのが、身欠きにしん。異彩を放って見えたので尋ねると、この地方では「麹漬け」や「大根ずし」など、にしんを使った郷土料理があって、欠かせない食材なんだそうです!

義母の商店を引き継いで50年以上

いながきの駄菓子屋探訪81石川県小松市カトレヤ6
ここは店主の吉田さんが経営しているお店で、店名は「カトレヤ」。昭和42年(1967年)に嫁いできたときには、すでにお義母さんによって運営されていたそうです。元々は、旦那さんのお姉さんが営んでいた洋裁店。結婚して家を出たことで店舗が空いたため、お義母さんが商店に改装したとのことです。

「手伝いから始まって、わりとすぐに代替わりしたので、もう50年以上になりますね。駄菓子は、近くに小学校と高校があるので、それで置き始めたように記憶しています。今はもう、3世代目が来てますね。私が店をやるようになったころのお客さんの、孫の世代ですよ! そりゃ私も高齢者になるわけです(笑)」

店主との会話も楽しい店

いながきの駄菓子屋探訪81石川県小松市カトレヤ7
「周りからは、『辞めたらボケちゃうよ』と言われるので、とりあえず続けています。続けていると、駄菓子を買いに来てた子が大人になって、子どもを連れて顔を出してくれたりする。私は記憶力がいいほうじゃないから覚えてなかったりするんだけど(笑)、そういうのがすごくうれしいですね、この仕事は」

手漕ぎ遊覧船(4月~10月)や温泉など、ちょっとした観光も楽しめる地区で見つけた駄菓子屋系商店、カトレヤ。店名は花ではなく、洋裁店をしていた義理のお姉さん夫婦、カオルさんとトミコさんの名前から取ったものだそうです。「地元の人もその話は知らないはず(笑)」と、とてもローカルなトリビアを教えてくれた、明るい店主。幅広い世代が買い物に来ていましたが、誰もが店主との会話を楽しみにしているようでもありました。
いながきの駄菓子屋探訪81石川県小松市カトレヤ8

カトレヤ
住所:石川県小松市木場町イ38-1
電話:0761-44-2942
営業時間:7:00~19:00
定休日:日曜日

[All photos by Atsushi Miyanaga]

駄菓子屋いながき 宮永篤史

Atsushi Miyanaga
駄菓子屋いながき店主。1979年生まれ。経営していた学童保育を事業譲渡し、その後、息子と二人で日本一周駄菓子屋巡りの旅へ。超高齢化や後継者不足、利益率の低さなど、店主から語られる昔ながらの駄菓子屋の窮状を知り、なんとかこの文化を未来に繋げられないかと埼玉県加須市に駄菓子屋を開業。発達障害のシングルファザーですが、周囲の助けもありなんとか楽しく生活しています。


,, | グルメ,現地ルポ/ブログ,中部,石川県,現地ルポ/ブログ


石川県の現地ルポ/ブログ関連リンク

山代温泉 おすすめ 山代温泉 おすすめ

近江町市場 海鮮丼 近江町市場 海鮮丼







1 2 3 4 5 6 7 NEXT