TABIZINE > 豆知識 > 知らないと損をする英会話術131 「Really?」よりも使える「マジ?」の表現

知らないと損をする英会話術131 「Really?」よりも使える「マジ?」の表現

Posted by: フレッチャー愛
掲載日: Jun 19th, 2022.

楽しい英会話のあいづちとして、ついつい“Really?”ばかり使っていませんか? 日本人には発音が苦手な人が多いReallyよりもネイティブがよく使う「ほんとう?」「マジで?」の表現を覚えて、ワンパターンを卒業しましょう。

Facebook はてなブックマーク LINEで送る コメント

Really?


ついつい使いすぎてしまうReally

友人との会話
外国人との英会話がある程度楽しめるようになってくると、「情報を伝えるだけ」の英語を脱して「あいづちやリアクションで感情も伝えたい」という気持ちに変わってくると思います。

そんなとき、ついついReally?(ほんとう?マジで?)ばかり使っていませんか?

例)I’m going to go on a date with Andrew this weekend!
今週末アンドリューとデートに行くんだ!

Really? Good for you!
ほんとう? よかったね!

Reallyで「ほんとう、マジ」を表現することは自然なことで、カジュアルな会話だけなくビジネスや目上の人にも使える便利な表現なのですが、使いすぎると若干耳障りなのと、RとLが両方入っているReallyは、多くの日本人が苦手な発音の単語でもあります。

今回は、Reallyよりも頻繁にネイティブが使う表現を含め、Reallyのバリエーションを増やして、さらに英会話が楽しめるようになりましょう!

場面別「Really」に代わる表現

日本語でも英語でもReally(ほんとう、マジ)は、大きくわけて2つの場面で使われます。まずは、それとは別の「ほんと?」「マジで?」「そうなの?」などの驚きを示す表現を見ていきましょう。

Seriously? ほんとう?

驚いている女性
実は、このSeriouslyReallyよりも頻繁に使われます! カジュアルでもビジネスでも場面を選ばず使えることもありがたいですよね。

以前ならReallyを使っていたところに、ぜひ Seriouslyも使い始めることをおすすめします。

例)2 Pint of beer cost 10 pounds in this pub, it’s way expensive!
このパブ、ビール2パイントで10ポンドもする。高すぎる!

Seriously? ほんとう?

For real? マジで?

びっくりしている男性
またReal(ほんとう、真実)を使って、For real?で「マジで?」ということもできます。ただし、これは会話でのみ使われ、かなりカジュアル。どちらかというと若者が使うスラングに近い印象です。

No way! ありえない! うそでしょ!

ありえない、信じがたいぐらいの大きな驚きの場合には、Really?の代わりにNo way!を使うこともできます。日本語の「うそでしょ!」のようなニュアンスになります。

Are you sure? ほんとうにそうなの?

信憑性を疑うほどの信じがたい内容に驚いて、「それ、ほんとう?」と確認を取るときには、Are you sure?も使えます。

What!? 何!?

思わず「何!?」と聞き返さずにはいられない、耳を疑うほどの驚きの場合にはWhat!?を使って感情を表現するのもアリです。

【上級編】Did you? Is it? などで聞き返す

相談する人
Reallyを使うもうひとつの場面は、相手の話した内容を確認するとき。「そうなの?」と短く合いの手を入れる感じにもなるので、スムーズに会話が進み、「話を聞いてますよ」という共感のサインにもなります。

ただし、相手の話した内容によって、Did you? Is it? Does he?など、言い方を変える必要があるので、瞬発力が必要になるところがやや上級者向けです。

例)I went to Paris over the Easter holiday.
イースター休暇でパリに行ったの。

Did you? How was it?
そうなの? どうだった?

例)There were so many mosquitoes in the field.
原っぱには蚊がたくさんいたよ。

Were there? That sounds horrible.
そうなの? それはいやだね。

「真剣な」という意味のReally

約束
Reallyは、あいづちとしてだけではなく「本気で、真剣に」と強調するときにもよく使われます。

例)I really didn’t know.
本気で(ほんとうに)知らなかったの。

この場合は、Honestly (正直に、まじめに)やSeriously(真剣に)で置き換えることもできます。

また、Swear(誓う)という言葉を使って、I swear「ほんとうです。私は(神様に)誓えます」というのも定番フレーズです。

例)I swear I won’t be late tomorrow.
明日はほんとうに遅刻しないよ。

今回は「ほんとう、マジで」という意味のReallyの代わりになるフレーズをご紹介しました。ついついReallyを使いすぎてしまうことから卒業して、より自然な英会話を楽しみましょう!

[All Photos by Shutterstock.com]

フレッチャー愛

Ai
20代のころからイギリス在住。科学者。フットボールに夢中な男の子の母親として奮闘中。ヨーロッパ各地のマーケット(蚤の市)散策、ワイン、見晴らしのよい絶景スポット、特に海が大好き。 世界のどこにいても、毎日を気楽に楽しめるヒントを共有していきたいです!


, | 豆知識


豆知識関連リンク


上野動物園 上野動物園
音楽を聴いている人 音楽を聴いている人




ニットのイメージ ニットのイメージ
地図記号・高等学校 地図記号・高等学校

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 NEXT

#知らないと損をする英会話術 #英会話



豆知識